木の飾り

年齢に相応しい美しい表情を身に着けたいと思

木の飾り
エイジングケアに励むぞ! >> 年齢に相応しい美しい表情を身に着けたいと思
木の飾り

年齢に相応しい美しい表情を身に着けたいと思

年齢に相応しい美しい表情を身に着けたいと思う女性は多いものですが、それには素肌年齢も考慮しなければなりません。加齢による肌の衰えを除くと、素肌年齢を一気に進ませる原因は「紫外線」です。原因を徹底的に排除すると良いでしょう。


立とえばPA値の高い日焼け止めを利用したり、防止や日傘などで紫外線に当たる時間を極力減らすことが大切です。もし日焼けしてしまっ立ときはほてりがなくなるまで水や濡れタオルなどでクールダウン指せてから刺激が少ない化粧水(美白効果が期待できる成分、保水力を高める効果があるとされている成分など、商品によって色々な成分が配合されています)やボディミルクなどで保湿して、シワのもとになる乾燥を予防して下さい。

シミの発生も抑えるので老け顔のファクターを一掃することで、みずみずしい肌を維持することができます。

素肌年齢を一気に進ませる乾燥は、秋冬だけでなく、季節の変わり目にもやってきます。
肌が変化に対応していないので、注意が必要です。



目の周りの皮膚は引っ張ってもわかるとおりとても薄いのでシワのもとになる細かいヨレが出てきたり、乾燥して過敏になり腫れてしまうこともあるのです。乾燥防止の目薬を使っている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげてみましょう。
私の場合、皮膚科で教えてもらったのですが、天然オイルで保湿をしっかりおこなうことで肌トラブルを未然に防ぐことができるそうなので、目もとにもオイルをプラスしてあげると良いでしょう。肌に浸透するバニシングタイプと肌の上で守ってくれる通常タイプのオイルがあるのでそのときのコンディションによって使い分けると良いでしょう。適量のお酒は血行を良くしてくれるので、美肌のためにもなるのです。日本酒の酒粕はパックとして使えます。
くすみを軽減すると言われているのです。


酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて水を加えてペースト状にし、ペーストになるまでよく混ぜます。



自分の好みの固さになるまで小麦粉を混ぜていき、なめらかに仕上げれば、酒粕パック完成です。

もっとも、お酒に弱い方には、このパックは向いていません。

一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れがお肌にシミを造る原因の一つであるということはあまり知られていません。例として挙げるなら、近頃、CMで話題の「肝斑」です。ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、この患者となりやすいのが妊娠中や出産後の女性であるということが特徴です。


他にも、肝斑はピルの服用によっても発症が促されるということが知られていて、紫外線が原因のシミよりも治すことが難しいでしょう。

自分がアラサーになって気づいたのですが、シワが出やすい肌タイプってあるようです。



肌の薄い人がどうやらそれみたいで、肌がたるんでいたり、ヨレっとしているような気がしたら、自分の肌質を確認してみましょう。手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は日頃から注意しておくべきでしょう。持と持とそういう肌は外部からの刺激に弱く、水分保持能力も低いので、たるみが出るとシワに直結する傾向があります。いままでシワがないからと思っていても、薄い皮膚は厚くはなりません。ただの保湿からアンチエイジング(老化の予防、抑制のことをいいます)というのを、考えなおしてみると良いでしょう。

よくテレビで芸能人の肌をみたりすると、シミなど見当たらない、美しいものです。とはいえ、芸能人もヒトですから、実際には、肌の不調もつきものなのです。

むろん、人目に触れてなんぼの世界なので、悩みを解決するために、他人よりもずっと気を使わざるを得ないでしょう。その方法から学んでみると、肌のお手入れの質がぐんとアップするかも知れません。肌を衰え指せる原因には色々ありますが、乾燥はぜったい無視できないでしょう。
肌の深い部分の水分が不足すると、リフティング機能が低下して、たるみやしわとなって表れてきます。目の周りは代謝が低くて皮膚も薄いため乾燥によるダメージを直接受けるので、小皺ができやすい部分と言えるでしょう。



加齢で皮膚が薄くなり、コラーゲンやヒアルロン酸(保湿、弾力の維持、摩擦の軽減などの働きがあります)等の絶対量も減るため、シワ予備軍とも言うべき肌のたるみができやすく、一度出来ると消えにくいのも特徴です。お肌のくすみの訳として、過剰な糖分のいたずらが考えられます。

オヤツなどで糖分を摂り過ぎてしまうとお肌の外側から幾らケアしても黄色いくすみや、シミが目たつことがあるのです。コラーゲンと糖が結合し、はたらきが弱められているのではないでしょうか。コラーゲンと糖が結合し、有害な糖化物質になることをコラーゲンの糖化と考えましょう。
肌のみならず、全身の老化を進めないよう、甘いものは控えてみましょう。紫外線を同じだけ浴び立としても、それにより肌に出来るシミは個人差があります。
一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌というものが存在しているのです。

詳しく言いますと、白くてきめの細かい肌質の事です。
見分ける方法としては、日焼けによって黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。
美しい肌はそれだけ繊細なものです。さいきん肌の色が悪い、部分的に乾燥してメイクのノリが悪いという人は必見です。



それ、実はシワの前駆症状なんです。



パックをして潤いを補ってあげるといいですよね。
特に目元のシワには効果的です。

身近なものをパック剤として利用することもできます。



無糖ヨーグルトの上澄み液とハチミツを混ぜます。仕上がりはユルめです。それを顔にのせるだけですが、タイのホテルのサロンでは擦りおろしニンジンを絞って水気を抜いたのを入れていました。



炎症を抑え美白効果もあるのだそうです。



しばらくして、ぬるま湯できれいに落とします。


乳酸菌が肌の常在菌のバランスを整え、保湿成分が内側から皮膚をもち上げて小皺や乾燥を無くすようはたらきます。
パックだけだと使い切らないので、賞味期限内に食べてしまってみましょうね。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 エイジングケアに励むぞ! All rights reserved.
木の飾り